副作用が出たら使用を止める

合わない場合は無理をしない

髪の毛が薄くなり、以前までの姿に戻りたい場合は育毛剤を使用しましょう。髪の毛の成長をしっかりとサポートしてくれるので、抜け毛を減らして徐々に量を取り戻せます。購入した育毛剤で順調に状態が改善していくのがベストですが、なかなか効果を実感できない場合があります。効果を実感てきない例としては、副作用が出てしまうケースです。頭皮の痒みや乾燥、赤みが発生した際は副作用を疑うべきです。万が一、頭皮に副作用を感じたのであれば、無理をすることなくその時点で使用を止めるのが適切な判断です。薄毛の改善に向けて少しでも早く効果を実感したい気持ちはあったとしても、合わない育毛剤の使用を続けても効果を望むのは難しいでしょう。

状態が落ち着くまで使用を控える

育毛剤の使用によって副作用が発生しているにもかかわらず、使用を続けてしまった場合は状態が悪化する可能性があります。たとえば、頭皮の乾燥や痒みが強くなったり、赤みが酷くなったりなど、状態の悪化は髪の毛の成長に影響を及ぼします。特に、乾燥や痒みが強くなったことで頭皮を掻く回数が増えれば、摩擦によって抜け毛が増えてしまいます。薄毛を改善する目的で使用している育毛剤の副作用で抜け毛が増えるのは避けるべきです。そのため、状態が落ち着くまで使用を控えることが大切です。問題ない状態にまで戻ったからといって、すぐに使用を再開よりも他の育毛剤を検討しましょう。育毛剤が合っていない場合があるので、妥協せずに合う物を探す作業が必要です。