薄毛対策になる

DHTを抑制して抜け毛を予防

生え際がM字型になって薄毛が進んだり頭頂部から薄毛になってしまうのは、AGAの症状です。AGAになってしまうのは、男性ホルモンのテストステロンがDHTという物質を作り出しヘアサイクルを乱して抜け毛が進みやすくなります。本来なら成長して寿命を終えるまで生えているべき髪の毛が、DHTの影響で成長途中で抜けて薄毛になってしまいます。育毛剤にはDHTの生成を予防する植物由来成分などが入っていて、AGAが進行しないように予防してくれます。生え際やつむじなどAGA特有の脱毛がストップして、健康なヘアサイクルで髪の毛が成長していきます。成長期の髪が途中で抜けることがなくなり、薄毛が徐々に改善されます。医薬品ではありませんから副作用もほとんどなく、長期使用しても頭皮トラブルなどが起きにくいです。

頭皮環境を改善して髪の成長を促す

髪の毛は頭皮の奥にある毛乳頭から栄養を得ていますから、頭皮の状態が悪くなれば栄養がしっかり得られずに抜け毛や薄毛になってしまいます。加齢や生活習慣の乱れで頭皮状態は悪化しやすく、硬くなったりフケやかゆみなどのトラブルに見舞われることもあります。育毛剤は頭皮環境を整える働きがあり、頭皮の血行を良くして炎症を抑えたり、保湿して乾燥を防いでくれます。頭皮環境全般を整えてくれて、髪が成長しやすい状態になるようサポートしてくれます。肥えた大地だとしっかりした作物が豊作になるように、髪が生える土台になる頭皮を整えることで、丈夫な髪が成長して薄毛を防いでくれます。炎症を抑えることでフケやかゆみも防げますし、頭皮の健康が髪の健康を支えてくれます。